エタコン

Home > 2017年のエタコン >

このページには、2017年3月に開催された「エタコン」に関する情報が記載されています。

ゲーム紹介:インセイン

「インセイン」のゲームマスター、さいとうさんからのゲーム紹介を掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

さいとうと申します。
普段はオンラインセッションをメインに活動していますが、最近は各地のコンベンションにも参加してオフラインでの活動も行っています。
冒険企画局の作品をよく遊びますが、それ以外のシステムについても広く浅く遊んでいます。
参加者全員が楽しめるセッションを作ることが目標です。

システム名、システム紹介

今回は「マルチジャンル・ホラーRPG インセイン」を担当します。
その名の通りホラーを主題としたシステムで、王道ホラーやパニックホラー、アニマルホラー、クトゥルフ神話のようなコズミックホラーなど多彩な「ホラー」を体験できるシステムです。
6面ダイス2個から遊ぶことができる「サイコロ・フィクションシリーズ」のひとつで、簡単な判定とプレイヤー裁量にてある程度自由に演出することができるところが魅力です。

今回はその名の通り王道なホラーを追体験するシナリオとなります。 皆さんの引き出しにある「ホラーあるある」がどのように爆発するのか、楽しみにしています。
なお、怖い話をそのままするわけではありませんのでホラーが苦手な方でも楽しんでいただけると思います。ご安心ください。

対応可能プレイヤー数

3人~5人。
プレイヤーが4人以下の場合、PCハンドアウトの中から好きなものを選んで頂く形となります。

TRPG初心者対応

対応いたします。

システム初心者対応

対応いたします。

使用ダイス(サイコロ)

6面ダイス2個

使用ルールブック

インセインルールブック、デッドループ

キャラ作成

原則として当日作成。 持込の場合、初期作成のものとします。また、設定に制限がかかる可能性があります。

シナリオ名、シナリオ出典

自作シナリオ「かえらずの家」

シナリオあらすじ

2017年、春。まだ少し肌寒い季節。
PCたち、オカルト研究会一行は近所にある有名な肝試しスポットである「帰らずの家」に肝試しに行くことになりました。

きっかけはネット上で見かけた「帰らずの家で廃墟ポストを見つけた」というひとつのつぶやき。
廃墟ポストの謎を追い求めているPCたちにとっては願ってもない情報でした。

ライトも持った、カメラも持った、ボイスレコーダーも回ってる。
それではいざ、何が起きてもおかしくない肝試しに行きましょう。

注意事項

このシナリオはプレイヤーの皆様の「発想力」に頼る箇所があります。
「リング」、「らせん」、「学校の怪談」。「CUBE」、「SAW」、「Don’t Breath」。
あなたの知識にある「怖いシーン」を少し思い返して、参加していただくとより楽しめます。

怖い話が苦手な方、ご安心ください。
そんなあなたが一番楽しめます。

当日はよろしくお願いします。

Home > 2017年のエタコン >